こだわり土づくり

ひまりえんの土づくりは稲刈りのあとのもみがらを燻して薫炭作りするところから始まる。

2日かけて作った薫炭にヌカを混ぜボカシを作ります。

ボカシとはこのようにもみ殻から作った燻炭やぬかを混ぜて作った有機肥料のことで、まぜてから数日でボカシの温度は発酵して50℃ぐらいまで上がります。温度が下がるとボカシのできあがり!

これを土に戻し、ふかふかの土で栽培がまたはじまります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA